So-net無料ブログ作成
検索選択

卓上のアゲハ3話ネタバレと感想「第二の継承者」 [卓上のアゲハ3話]

卓上のアゲハ3話ネタバレと感想「第二の継承者」



卓上のアゲハの3話がジャンプに掲載されました


ネタバレになるところもありますが、
珍しい卓球漫画を応援すると共に、
これからどんな展開が待っているのか見て行きましょう


ちなみに、
ジャンプでの掲載順位は9位でした(1位は新連載で4位に新連載2話目のC扉絵が入っているので実質7位ということでしょうか)


卓上のアゲハ3話ネタバレ


前回の流れから高校生の頂点を極めることを意識したアゲハです

【関連記事】★卓上のアゲハ1話ネタバレと感想
★卓上のアゲハ2話ネタバレと感想



そして舞台は学校へ


1話から登場しているヒロインのリリカと同じように、
女子生徒からかなりチヤホヤされている人物が見切れて登場します


「トラ様眠いなら私と寝よ
「ずるい私と寝よ!」


あり得ない雰囲気ですが、
どうやらおじいちゃんから「アゲハをぶっつぶせ」と指令を受けているようです


後ろ姿でズボンにラケットをまるで拳銃の様に仕舞いこんでいる姿が映ります


-----
アゲハはリリカに力説します


卓球は面白いということと、
高校生で頂点に立つためにまずは部の再建をすることです


「僕が頂点に立たねば大塚さんは僕と結婚できませんよ?


かなりうぬぼれというか勘違いな発言を繰り出すアゲハ
(勿論リリカがアゲハをスゴク嫌っているということではないですが)


このことは内緒にしないと学校の男子がどうなるかわからないと言うリリカですが、
もうすでに時遅し


どうやら伊知葉(リリカのおじいちゃん)が言いふらしているようです


バレバレで同居している事もバレている二人


「誓いのキスも済ませちゃったんスか?」


この質問をリリカは大声で即否定


しかし、
アゲハは「裸は拝見しました」と火に油(鼻血全開で)


これで部の再建がさらに危うくなるのですが、
1話で戦った宮地先輩が卓球の面白さに気がついて入部届けを提出してくれます


現在アゲハとリリカに宮地先輩の3人が部員候補となるが、
もう一人を宮地先輩が紹介してくれました


その名前が、
塔堂武虎という2年生です


アゲハは同族嫌悪で嫌っています


女の子と遊び倒してほとんど学校には来ていないということで、
最初のチヤホヤボーイであることが確定します
(というか名前にトラが入っている時点で間違いないですが)


そして、
昔からある卓球部の部室棟に入ってみると聴こえてきます


いや~んトラ様ったら~


どんな学校なんだとツッコム前にトラ様が下着の女子たちに囲まれて、
ムネに挟まれている現状です


そんな中でのトラ様のコメントは、
「少し固ぇな寝心地悪ぃ」


トラ様もアゲハを倒すために待ち伏せをしていたとのこと


フラフラと近づいて、
リリカのムネにアタックするトラ様


どうやらリリカが一番いいらしいです


「誰があんたみたいな女好きと付き合うか!」


そうやって責めるリリカですが、
トラ様は女好きなのではなく、
単純にムネを枕にして寝るのが好きなだけと断言します


これについては、
アゲハも怒ります


「卓球台の上で異性と乳繰り合うとはなんて羨ましい・・・」


勿論言い直しますが、
いつもの様に鼻血全開のアゲハです


-----
トラ様とアゲハのバトルが開始されます


アゲハの高速ラリーにも難なくついてくるトラ様


というよりも、
そのラリーに対して「あくびが出る」と豪語されてしまいます


必殺のループドライブを仕掛けるアゲハですが、
コレを余裕で打ち返して逆にポイントをとられてしまいます


しかし、
このショットを観客は愚かアゲハすら視認することが出来ず


そんなショットを打ってから初めてトラ様が自己紹介をします


「俺は塔堂武虎、
卓球黄金時代中“最速”の血を受け継いだ“黄金継承者”だ」


ここで題名にもある第二の継承者という設定が確定します
(事前にほぼわかっていたことですけどね)


3話の感想



トラ様のモテっぷりがあまりにも羨ましくて、
ストーリーがいまいち入ってこない回だった気がします


私としては、
もう少しリリカに焦点を充ててほしいと感じたり


画力が高いので、
これからの展開次第で人気漫画になれる可能性を秘めていると思います

【関連記事】★リリカ画像の記事



今回は3話にして二人目のトラ様が出てきて「最速」というポジション


ということは、
アゲハの師匠の伊知葉も「??」というフレーズがつく13人の一人だったと言えます


この辺りが何になるのかで、
味方も変わってくる様に思います


次号も期待していきましょう


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

卓上のアゲハのリリカ画像 [リリカ]

卓上のアゲハのリリカ画像



卓上のアゲハと言えば、
ヒロインのリリカの可愛さが何と言ってもイチオシでしょう


読み切りの時の画像よりも本連載ではさらにグレードが上がっています


大塚リリカと主人公のアゲハが織りなすコミカルでありながら、
ストイックな卓球バトルを描いていく流行の可能性を感じさせる作品ですね


読み切りの時のリリカ



読み切りの時のリリカを知っているでしょうか


20140626212312214.jpg


じつはこんな感じでした


同様のシーンは本連載でも登場するのですが、
読み切りの時点では若干カップが少年誌としては小さめに設定されています


そういう意味ではよりリアルだったのかもしれませんが、
その点も恐らく編集からの指示で修正されたのではないかと思われます


やっぱり少年誌は、
貧○よりも~ってことになるのでしょうか


本連載ではこのような変化を遂げています


141620599940215233179_takujyounoageha13.jpg

アングルも変更され、
スタイルも以前よりもグレードアップしています


現在1話と2話が掲載された後になりますが、
どちらもお色気シーンが盛り込まれています


前半はリリカの可愛さで男性ファンを獲得していく戦略なのではないかと思われます


お色気男性ファンを獲得してから、
本筋の卓球での面白さを小出しにして、
ストーリーのシリアス展開から卓球漫画としての成功を


そんな順序になるのでしょうか


確かに画力を見ると、
男性が好みそうな上手さを感じますね


リリカの性格



卓上のアゲハに登場するヒロインである大塚リリカの性格は、
プライドが高い美少女で自分自身の美貌に自信を持っているタイプです


しかしながら、
純粋な可愛らしさを兼ね備え(アゲハにキュンとするシーンがそれを醸す)てもいます


どちらかと言えば、
おてんば系に位置するシーンもあるので、
漫画で言うとナルトに登場するサクラ的な要素もあるように思います


これからのリリカは?



これは間違いなく卓球についての理解が深まりながら、
アゲハへの好意を重ねていくことになるのではないでしょうか


強めのお色気シーンはないでしょうが、
いわゆる少年誌的な入浴シーンだったり、
スカートはらりシーンだったりは多数存在していく事になるかと思います


ベースは卓球というスポーツを題材にしている漫画なので、
恋愛ベースはそのスパイスというイメージで間違いないでしょう


リリカは今卓球についてマイナスのイメージしか持っていないので、
それがアゲハによって払拭されていくという部分がリリカの心情のベースになるのだと思います
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

卓上のアゲハ2話ネタバレと感想「卓球が好き」 [卓上のアゲハ2話]

卓上のアゲハ2話ネタバレと感想「卓球が好き」



卓上のアゲハ2話が掲載されました


今回はどんな卓球道を見せてくれるのか


リリカとアゲハの関係の進展は!?


それでは見て行きましょう


卓上のアゲハ2話ネタバレ


★1話を見ていない方はこちらの記事へ【1話ネタバレと感想


許嫁と聞いて「冗談じゃない」と伊知葉を攻め立てるリリカ


どうしても卓球場を継いでくれる婿が欲しい伊知葉としては、
孫のリリカと弟子のアゲハが結婚するのが望ましいようです


それに対して、
地味で冴えない奴となんて!


リリカは拒否するが、
ラケットを握りしめたアゲハが脳裏を過って赤面


アゲハについても、
許嫁の件は初耳であり、
ドイツから戻った理由は「師匠の技をすべて受け継ぐため


そして、
卓球の頂点を目指すアゲハは、
「それまでは結婚などする気はありません」
ときっぱり伝えました


それに対して伊知葉は、
結婚しなきゃワシの技術は教えんと言ったら?


そう言いながら揺さぶりをかけます


何より、
「こんなカワイイ嫁が毎日・・・


そうやって、
ハダカエプロンのリリカを妄想するアゲハは鼻血をまき散らす


あらぬ妄想に怒りを覚えるリリカに、
1話での脱ぎっぷりで攻撃に転じるアゲハ


★リリカを見てみたい方はこちらへ【1話と読み切りのリリカ画像


お互いに折りが合わずに、
結婚を非難


このことについては追々という感じで、
「アゲハが居候」という部分だけ落着させた伊知葉


-----
休日を卓球に注ぐアゲハ


卓球ばかりに全力なアゲハに対してリリカは、
卓球に命かけるとか普通じゃない


そうやって理由を聴こうとしますが、
アゲハの答えは「好きだから」


その単純な理由に、
リリカは納得せずにもっとまともな理由があるのではないかとアゲハに問い続けました


そんなアゲハは一言
「命を賭けるのに好き以外の理由が必要ですか?」と真剣な眼差しで射抜きます


練習をしていた卓球場で1ゲーム1万円を賭けて卓球をしている連中を発見


マナー違反と卓球への冒涜でアゲハVSスキンヘッドの賭け卓球不良二人の勝負です


更に、
今回はリリカとのダブルスとなります


その上ハンデとして、
壊れたラケットで戦うというアゲハ


格の違いを教えてやる
そう伝えるアゲハ


ほとんどしたことがないリリカにラケットの持つ位置を指示するアゲハ


それが功を奏して的確に切り返すリリカ


そのままマッチポイントを迎えると、
最後は一言多いアゲハの怒りをぶつけるように相手コートへリリカがスマッシュをヒット


その気持ちいいスマッシュの決まり具合に大興奮のリリカ


はしゃぎながら喜ぶリリカに、
ほら卓球が好きになった」と決めるアゲハがドキっとする


そこに伊知葉が登場


「少しは結婚したくなっちゃった?


あくまでも軽いノリ


伊知葉はアゲハの前述の一言が、
卓球の頂点に立ったら結婚OK」と捉えて高校卓球界の頂点立つように指示します


どうやら今年の卓球界では、
伊知葉と同じように黄金時代を築いた13人の弟子たちが犇めくのだといいます


この頂点が実質卓球界の頂点だと言っても過言ではないと評する伊知葉


そこに立った時に奥義を伝授すると約束する


アゲハはこの挑発を受け、
俺が頂点に立つ!」と宣言


そんな意気込みの後ろで、
アゲハは丸め込んだからあとはリリカだけだな~とほくそ笑む伊知葉


カッコイイシーンで決まっていたのに、
最後はアゲハがリリカにこう宣言


「頂点に立った暁にはあなたのハダカエプロン受け入れて差し上げますよ


卓上のアゲハ2話の感想



まだまだ始まったばかりですが、
高校卓球界で最低でも13人の敵を倒していくことになりそうです


相変わらずのムッツリぶりですが、
それでも理性で制御しているのは同じ男として素晴らしいの一言です


卓球って指示されてどうのこうの行くものでもないような感じがしましたが、
それはやはり伊知葉の孫であるリリカの才能というところなのでしょうか


にしても、
こんな美少女と一つ屋根の下に住むって、
オトコの夢ですよね


【関連記事】★3話のネタバレと感想はコチラ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

卓上のアゲハ1話ネタバレと感想「卓球はカッコイイ」 [卓上のアゲハ1話]

卓上のアゲハ1話ネタバレ「卓球はカッコイイ」



卓上のアゲハが新連載でジャンプに登場しました


卓球漫画というこれまでとはちょっと異なる切り口の漫画で、
これからの卓球界をけん引してもらえると嬉しいです


それでは、
1話のネタバレに参りましょう


卓上のアゲハ1話ネタバレ


卓上のアゲハ1.png


主人公の花園アゲハがプロチームの勧誘を断って日本に戻るところからストーリーは展開していきます


それを踏みとどまらせる為に、
巨乳でセクシーなベティさんをコーチにつけると言われると、
鼻血を出しながら・・・・


シーンは変わってヒロインの大塚リリカへ


彼女は完璧な美少女です


しかし、
リリカには秘密がありました


それは「実家が地味でさえない卓球場であるということ」


リリカのおじいちゃんはリリカに卓球場を継いで欲しいと思っています


それをリリカは断固拒否


かつての日本は卓球大国であり、
13人の世界チャンピオンによって絶対的な頂点に君臨していたといいます


ありえない程にモテまくるリリカで男性が好みそうなノリにもついてきてくれるのですが、
卓球場を継ぐことだけは否定的です


そして、
主人公の花園アゲハと出会います


スタートの出会いの一言は、
「卓球はカッコいい」


新手のナンパと勘違いしたリリカですが、
それをアゲハは軽くいなしてプライドを切り裂きます


ドイツからの留学戻りということで、
卓球のラケットでピンをはねているアゲハが教室で自己紹介


「趣味は卓球」
「特技は卓球」


卓球の申し子というイメージで堂々の転校初日


先のプライド切り裂きにあったリリカは、
ここで攻めに転じます


「私にオトせない男なんていない」


そして、
炸裂するのが小悪魔奥義「運命の悪戯」


アゲハはそれに対して、
ラブレター風に封じられた手紙で「卓球の練習メニュー」を提示


さらなるプライドへの冒涜に脱ぎ攻撃


「卓球よりステキなことを教えて あ・げ・る」


高校生にあるまじき攻撃に対して、
「僕は卓球を貫きます」


そう宣言し、
お色気作戦を打破・・・・


と思いきや最初同様に鼻血姿のアゲハ


自分に惚れないアゲハに怒り心頭のリリカ


そこへ、
金髪ソフトモヒカンの宮地先輩が登場


どうやらこの宮地先輩が卓球で元県大会ベスト8の猛者


「同志」


そういいながら握手を求めるアゲハに宮地先輩は、
「リリカの為にやったこと」


どうやらこの繚乱高校ではリリカがすべての指標になっている


リリカに本当の卓球というものを教えるために、
アゲハが宮地先輩と対戦することになります


11点先取の3ゲーム制でのバトル


勝った方にはキスがあるとリリカが自分で賞品を提示


「動機が不順だ」としながらもちゃっかりリップで唇を潤すアゲハ


まずは小手試しの高速ラリー


県大会ベスト8だった宮地先輩がスマッシュで先制


そして、
2連続のポイントを決めるかと思いきやバックスマッシュで即時同点にするアゲハ


この状況を「あくびが出る」と表現するアゲハが見せる反射神経


「卓球は地上最速の球技」


そう明言するアゲハが伝える一流の卓球選手


「少し先の未来が予見(み)える」


相手の動きを的確に予想して点数をつなぐアゲハに圧倒される宮地先輩


1ゲームを楽に制して登場したのが、
リリカのおじいちゃんである大塚伊知葉


どうやらこのおじいちゃんが、
卓球黄金時代の一人だといいます


そして何と、
主人公花園アゲハは大塚伊知葉の弟子で「黄金の継承者」


それを聞いて宮地先輩は手加減抜きの体制に入りました


持っていたラケットを折り、
自分のラケットを取り出します


どうやらこのラケットは公式戦で否定されている強化剤が使用されています


0.1秒ではなく0.08秒でアゲハコートに届く高速打球であることを説明する宮地先輩


勝ちを予感した宮地先輩ですが、
アゲハの方が一枚ウワテでした


離れて球威を落とす戦略


しかしそうすることで、
アゲハの球威も落ちると予想したリリカと宮地先輩でしたが、
予想に反して球威は落ちずにループドライブで攻勢


そのまま圧倒的な卓球力で宮地先輩にトドメを刺しました


勝ってすれ違いざまにアゲハはリリカにつぶやきます


「卓球はカッコイイでしょ?」


家に帰ると、
伊知葉に「アゲハに惚れたな?」


それに大声で反発しながら風呂に入ろうとすると、
なぜかアゲハがピンポン玉を湯船に浮かべている


そして、
伊知葉が一言


「改めて紹介しよう花園アゲハ。リリカちゃんの許嫁じゃ」


卓上のアゲハ1話の感想



卓球漫画はあまり見たことがないですが、
1話目はリリカちゃんの可愛さとアゲハのムッツリスケベな点にポイントをおいている


そんなイメージでした


絵は読みやすく綺麗です


エロ2割にギャグ2割にシリアス6割という感じで1話が終了しましたが、
内容としては面白みが出てくる気がします


個人的にはリリカちゃんがセクシーで結構好きですね


【関連記事】★2話のネタバレ感想はこちらへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。